高齢者は難聴補聴器に何を注意する必要がありますか?

高齢者は難聴補聴器に何を注意する必要がありますか?

多くの高齢者は耳の損傷を受けやすいです! 高齢者向けの補聴器に耳の損傷を与える方法を知っていますか? 使用する際に注意すべきことを知っていますか 補聴器 耳の損傷がある高齢者向け?

耳の損失は臨床的に外耳と中耳の病変によって引き起こされる伝導性の耳の損失に分けられます。 内耳および聴覚神経障害によって引き起こされる神経学的な耳の損失; 外中耳と中耳聴覚神経の病変によって引き起こされる混合性耳損失。 遺伝、出生時の怪我、感染、薬物の不適切な適用、免疫疾患、生理機能の低下、特定の化学物質の中毒など、耳の損傷には多くの理由があります。

耳の損傷患者の早期発見、早期診断、早期治療。 伝導性の耳の損傷および混合耳の損傷については、徹底した治療の原因を見つけ、中耳の環境と音響伝達機能を改善し、聴覚の回復を最大化する必要があります。

補聴器の選択は、専門的で複雑なプロセスです。 補聴器を装着した高齢者の難聴は、一般に次の5つのステップを経ます。

1.専門的な聴力検査:まず、耳の閉塞、中耳炎、および膿の有無を確認する必要があります。 中耳炎の化膿中に補聴器を装着すると、膿が補聴器を損傷しやすくなります。 XNUMX番目の聴覚テストは、ユーザーの聴覚状態を理解することです。 デジタル補聴器は、さまざまな周波数での聴力に応じてデバッグの対象にすることができるため、オプションの効果が理想的です。

2.補聴器の事前選択:補聴器には多くのブランド、タイプ、モデルがあります。 特定のユーザーにとって、どちらがより適切かは、ユーザーが自分で解決できない専門的な問題です。 聴覚は、効果が満足できるものであるかどうかを確認し、試してみて、試してみるのに役立ちます。

3.耳のプリント、耳の型、またはカスタマイズされた補聴器を使用します。外耳道または耳の補聴器を使用する場合は、耳管の形状に合わせて耳の型を作成する必要があります。 他の人は、着心地を確保するためにそれを交換することはできません。 一般的に1〜5日後に利用可能。

4.補聴器のデバッグ:デバイスの完成後、摩耗とデバッグを行い、使用効果を評価し、保守と使用を学びます。

5.フォローアップ:必要に応じて補聴器を調整および修正します。

あなたが選択した場合 補聴器 高齢者にとっては、専門的な組織を選択するのが最善であり、着用者は個人的にサイトに行き、検査、試着、デバッグを行います。 そうでない場合、不適切な補聴器を購入すると、装着中に痛みや過度の騒音が発生するだけではありません。 不快感や聴力改善の効果が得られないため、無駄が生じ、聴力障害を増やすことさえあります。

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です*